お知らせ

TOP > 各種お手続き > 制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請手続き

制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請手続きについて

概要

◯ 道路交通法では、定められた乗車人員又は積載物の重量、大きさ等の制限を超えて車両を運転することを禁止していますが、貨物が分割できないものであるため大きさ等の制限を超える場合は、警察署長の許可を受けることで、運転することができます。

法的根拠

道路交通法第55条第1項、第56条、第57条第1項・第3項、道路交通法施行令第22、23条、道路交通法施行規則第7条の13〜16、第8条

制限の内容(許可の対象)

1 制限外積載・・・貨物が分割できないものであり、法に定められた大きさや積載方法を超えることとなる場合
 
◯ 大きさの制限を超える場合 
 (1) 積載時の長さ、幅、高さのいずれかが次の大きさを超えることとなる場合
    長さ:自動車の長さに10分の1を加えたもの
    幅 :自動車の幅
    高さ:3.8m以下(ただし高さ指定道路においては4.1m以下)
        【三輪の普通自動車及び軽自動車は2.5m以下】
    ◎上記数値は大型自動車、普通自動車の制限値となります。その他の車種の制限値はお問い合わせください。 
 (2) 積載方法の制限値を超える場合
    前後:自動車の長さの10分の1の長さを超えてはみ出すもの
    左右:車体の左右からはみ出すもの
 
◯ 許可基準
 (1) 形態上単一の物件であり、分割や切断で貨物の効用又は価値を著しく損すると認められること。
 (2) 道路交通法第55条第2項(視野や運転操作等を妨げない)に抵触しないほか、転落又は飛散のおそれのない積載方法であること。
 (3) 積載する車両の構造や道路、交通状況に支障がないと認められること。
 
◯ 許可の限度
   長さ:自動車の長さに10分の5の長さを加えたものを超えないこと。
      ・ただし
      @車体の前後から自動車の長さの10分の3の長さを超えないこと。          
      A積載時の長さが16.0mを超えないこと。(セミトレーラーは17.0m、フルトレーラーは19.0m、ダブルス連結車21.0m)
   幅 :自動車の幅に1.0mを加えたものを超えないこと。       
     ・ただし
      @車体の左右から0.5mを超えないこと。
      A積載時の幅が3.5mを超えないこと。
   高さ:積載時の高さが4.3mを超えないこと。
        【三輪の普通自動車及び軽自動車は3.0mを越えないこと】
   ◎上記数値は大型自動車、普通自動車の制限値となります。その他の車種の制限値はお問い合わせください。
 
2 設備外積載・・・積載のために設備された場所以外への積載
  ◯ 許可範囲
    ・公職選挙法に定める選挙運動又は政治活動を行う場合や祭礼行事等のため車両装飾を行う場合等、社会通念上やむを得ないと認められる場合。
  ◯ 許可基準
   (1) 道路交通法第55条第2項の規定に抵触しないほか、転落又は飛散のおそれのない積載方法であること。 
   (2) 原則として、道路交通法施行令第22条に定める積載制限を超えないこと。(大きさの制限)
   (3) 一時的な積載かつ車体から突き出さない積載方法であること。
   (4) 運搬する車両の構造や道路、交通状況に支障がないと認められること。
 
3 荷台乗車(貨物を看守するため必要な最小限の人員は許可対象外)・・・荷台への乗車
  ◯ 許可範囲 
    ・祭礼行事等のため荷台乗車を行う場合等、社会通念上やむを得ないと認められる場合。
  ◯ 許可基準 
   (1) 車両が大型から軽四までの貨物自動車であること。 
   (2) 荷台に座れる範囲かつ必要最小限度の人員であること。 
   (3) 貨物を積載した車両の場合は、貨物の倒壊、転落などの危険防止措置が完全であり、かつ荷台の余剰部分に座れる範囲で必要最小限度の人員であること。 
   (4) 車両の構造、荷台の安全設備又は道路、交通状況に支障がないと認められること。 
  ※ 荷台乗車は、現在の道路交通状況では荷台に乗車させることは危険性が大きいので原則許可しません。
  原則不許可とするものは次のとおりです。
   ・他の輸送手段が容易に求められるもの
   ・道路の幅員、線形等の状況から転落、横転事故の危険性が大きいと判断される場合(急カーブ、急勾配、狭隘路)
   ・輸送距離が長距離の場合
   ・交通量が極めて多く、危険であると判断される道路

申請手続き要領

1 申請先
  出発地を管轄する警察署
  ※ 制限外積載は出発地を管轄する警察署管内の交番・駐在所で、当該署管内の1回限りの運搬行為で積載物の重量、長さ、幅及び積載の方法が許可の限界を超えないものである場合は交番・駐在所での取扱いができます。
 
2 申請受付時間
  月曜日から金曜日(国民の祝・休日、振替休日、12月29日から1月3日を除く)の執務時間内(各警察署担当窓口までお問い合わせください)
 
3 申請書類 
  申請書  2通
  添付書類  運転経路図
          その他の審査に必要な書類(自動車検査証の写し、運行計画表、積載する貨物の諸元表など)
 
 4 申請書の提供 制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可の申請書は当ホームページからダウンロードできます。必ず「利用に際しての注意事項」を確認してからご利用ください。なお、申請に利用する場合には、必ず日本産業規格A列4番、白色かつ無地(感熱紙等特殊紙は不可)の用紙に印字してください。  
申請書については、各警察署担当窓口にもありますので、お問い合わせの上ご利用ください。
   
 ◯制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請書   様式【PDF】 / 【Excel】 / 【Word】
  記載例【PDF】 /  記載例参考【PDF】 
 〜利用に際しての注意事項〜
1 インターネットによる申請は受け付けていません。
  申請は出発地を管轄する警察署へ直接提出してください。
2 最新の情報をご利用ください。
  様式は、制度改正等により変更することがあります。常に最新のデータをご利用ください。
3 申請時の書類に不備があると、訂正をお願いすることがありますので、手続きについての不明な点は、各警察署担当窓口までお問い合わせください。

その他

制限外積載は、積載方法や積載時の車両の大きさ等により、道路法に基づく道路管理者の許可(特殊車両通行許可)や道路運送車両法に基づく陸運支局の保安基準緩和の措置が別に必要な場合があります。
 
 警察署電話番号はここをクリック




〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.