お知らせ

TOP > お知らせ > 新潟県留置施設視察委員会の活動状況について

平成30年度における新潟県留置施設視察委員会の活動状況等について

 令和元年6月
 新潟県警察本部

1 委員会設置の経緯

  平成19年6月1日に施行された刑事収容施設(刑事施設、留置施設及び海上保安留置施設をいう。)の適正な管理運営を図ることなどを目的とした「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、新潟県留置施設視察委員会条例が制定され、新潟県警察本部に、新潟県留置施設視察委員会(以下「委員会」という。)が設置されました。
  これは、留置施設の運営について透明性を高め、被留置者の適正な処遇を確保するため、留置施設を視察し、その運営に関して意見を述べる警察部外の第三者機関として設置されたものです。

2 委員会の組織

 (1) 組織
       委員会は、5人の委員で構成され、新潟県公安委員会が任命します。
 委員名  性別  年齢  職業等
 A委員  女性  70歳代  管理栄養士
 B委員  男性  60歳代  医師
 C委員  女性  60歳代  保護会員
 D委員  男性  50歳代  弁護士
 E委員  女性  50歳代  公務員

 (2) 任期
       委員の任期は1年(6月1日から翌年5月31日まで)で3回に限り再任することができます。
 (3) 職務
  委員会は、留置施設の視察、被留置者との面接、被留置者から提出された意見・提案書の確認、留置業務管理者(警察署長)から提供される情報などにより、留置施設の運営状況を把握し、留置業務管理者に対して運営に関する意見を述べます。

3 平成30年度の活動状況

 (1) 会議の開催
       会議は次表のとおり3回開催されました。
   期日 出席委員  内容 
 第1回会議  平成30年6月6日   5人 年間視察計画の策定等 
 第2回会議  平成30年11月16日  5人  視察結果の報告等
 第3回会議  平成31年2月12日  5人  改善結果の報告等

 (2) 視察活動
       県内の30警察署のうち、留置施設を常設している17警察署に対し、5人の委員が、それぞれ3〜4警察署の視察を行いました。
 (3) 被留置者との面接
       視察時に、被留置者15人と面接を行い、意見や要望を聴取しました。

4 委員会からの意見に対して講じた措置等

    留置施設の運営に関する委員会の意見に対して、留置業務管理者が講じた措置等については、別紙のとおりです。

別紙.意見及び講じた措置等  ※ PDF形式はこちら


 ● 良好とする意見

○ 施設の管理状況について
意見  古い施設ではありますが、きれいに整理整頓されており、狭いながらも必要なものがコンパクトにまとまっていました。


○ 留置施設内の衛生管理について
意見  居室、風呂などは清潔に保たれ、衣類の洗濯整理も適切でした。    
 浴槽を新しくするなど、組織的に環境を改善する体制が見られ、とてもよいと感じました。     


○ 被留置者に対する援助について
意見  護送専用の駐車場があり、プライバシー保護が保たれていました。
 また、車椅子用のステップを自作しており、工夫が見られました。


○ 被留置者の健康管理について
意見  被留置者の処方薬は個別に容器に保管しており、誤投与がないように配慮されていました。


○ 給食の管理について
意見  糧食については、見たところバランスは良く、朝と昼夜の給食業者が異なっているのでバラエティに富んだメニューで食事が楽しいのではないかと思いました。


○ 事故防止のための取り組みについて
意見  大阪府での被留置者の逃走事案を受けて、弁護士に協力を依頼する文書を独自に作成するなどの工夫をしており、とても良いと思いました。  


 ● 改善を要する意見と講じた措置 

○ 筆記具について
意見  被留置者との面談で、手紙を書くときにペンが太く、一行に収まらないことがあるとの申出がありましたので検討、改善をお願いします。
措置  直ちに細字のサインペンに変更しました。


○ 留置施設内の衛生管理について
意見  寝具保管庫に湿気がこもりやすく、寝具保管庫の衛生面が気になりましたので、改善、検討をお願いします。(2警察署)
措置  被留置者の往来がないときに、短時間でも解放し、換気することにしました。(1警察署)
 床面と布団の間にマットを敷き、通気性を良くして、湿気をこもらせないような措置を講じることとしました。(1警察署)
 意見   浴室の天井付近や、敷いているマットにカビや汚れが目立ちました。
 浴室の衛生面、換気などの方法について検討、改善をお願いします。
 措置   毎月1回実施している大点検の日にあわせ、浴室の清掃を行うことにしました。また、入浴日には終日、換気を行い、湿気の軽減に努めます。


○ 護送口における被留置者の人権への配慮について
意見  護送口が住宅街から見えるため、被留置者のプライバシー保護について検討、改善をお願いします。
措置  護送出入口へのカーテンの設置を検討しており、今後予算要求等をしていきます。それまでの間は配置員による周辺警戒と遮蔽措置及びフード付きの衣服等の活用を行い、被留置者のプライバシー保護に配意します。


○ 留置施設に対する改善要望について
意見  運動場の床に凹凸があり、汚いように感じましたので、検討、改善をお願いします。
措置  床の凹凸がなくなるように、床面の張り替え作業を実施します。


○ 官本について
意見  多くの官本があるが、シリーズ物にも関わらず、途中の巻が抜けていたり、最終巻しかないものがあるので検討、改善をお願いします。
措置  年度末に、当署で確保している在庫の本との入替えを行う予定ですので、本改善事項に沿ったものとなるようにします。
意見   官本がやや少なく、作者やジャンルに偏りがあるように感じましたので改善、検討をお願いします。
措置   官本購入予算を活用し、作者やジャンルの偏りがないよう考慮して購入することとします。


 ● 各委員の総合意見 

 A委員
意見  古い施設ではありますが、より細かい対応が求められる日常業務を丁寧に進めている留置担当官に敬意を表します。

 B委員
意見  施設の清掃状態は良く、整理整頓もしっかりされていました。管理状態も問題なく、被留置者の人権もしっかりと確保されており、この状態を維持していただきたい。

 C委員
意見  施設内では被留置者に対して人権に配慮した対応がされていることを感じました。その中で、被留置者自身がなぜ留置されているのか気付いて欲しいと思いました。

 D委員
意見  古い施設ではあるが、工夫して整理整頓され、清潔に保たれていました。
 特に問題となる点は見受けられませんでした。

 E委員
意見  施設、設備は良好で、適切に管理されていました。
 施設が明るく、きれいで広いので、精神的な負担の大きい留置担当官も安心して勤務できる環境なのではないかと思います。

▲上に戻る
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.