運転免許

TOP > 運転免許 > 免許更新

免許の自主返納と運転経歴証明書の手続





免許の自主返納と運転経歴証明書の手続



  内閣府大臣官房政府広報室が運営する国の行政情報に関するポータルサイト「政府広報オンライン」において、運転免許証の自主返納制度を紹介する記事
    運転が不安になってきたシニアドライバーやそのご家族へ
    運転免許の「自主返納」について考えてみませんか?
が公開されています。
記事はこちら(政府広報オンラインへ)


1 自主返納の申請手続ができる方
 現在、有効な運転免許証をお持ちの方で、新潟県内に住所を有する方。
※ 申請者が時間的、場所的制約や健康上の理由等やむを得ない事情がある場合、
 申請者から委任を受けた家族等の代理人による申請が可能です。
  代理人による申請についてはこちら
※ 一部取消しは代理人による手続ができません。自主返納(一部取消し)はこちら
2 必要なもの
〇 運転免許証
〇 代理人による申請の場合、別途書類が必要になります。
 ※ 詳しくは代理人による申請を確認してください。
 ※ 運転免許証を紛失した方が代理人による自主返納の手続を希望される場合は、
    運転免許センター(025−256−1212)へお問い合わせください。
3 申請場所及び受付時間

○ 土曜日、祝日(振替休日を含む)及び年末年始(12/29〜1/3)は自主返納・運転経歴証明書の交付手続ができません。
 ただし、運転免許センター、長岡支所、佐渡支所(第2日曜日のみ)及び古町出張所では、日曜日と祝日が重なっても受付します。
 ※1 古町出張所には、専用・提携駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
 ※2 第2日曜日のみ受付します。
 ※3 佐渡警察署は運転免許センター佐渡支所と同じ敷地内にあります。

○ 運転免許の自主返納をお考えの方へ
 全国の支援状況はこちら(高齢運転者支援サイト)※外部サイトへ移動します。 




 運転免許証の有効期間内に、運転免許証の自主返納手続(全部取消し)をして、全ての免許を取り消した方は「運転経歴証明書」の交付申請をすることができます。
 平成24年3月31日までに交付された運転経歴証明書(旧運転経歴証明書)は、本人確認書類として用いることができるのは、交付後6か月に限ります。記載事項が判読できる旧運転経歴証明書をお持ちの方に限り、新しい運転経歴証明書の再交付を受けることができますので、希望する方はお問い合わせください。

1 運転経歴証明書の交付手続ができる方
 自主返納手続(全部取消し)をした方が申請できます。(申請は取消後5年以内
※ 申請者が時間的、場所的制約や健康上の理由等やむを得ない事情がある場合、申請者から委任を受けた家族等の代理人による申請が可能です。
 代理人による申請についてはこちら
2 必要なもの
○ 手数料(新潟県収入証紙1,100円)
○ 写真1枚(6か月以内に撮影した縦3p、横2.4pの無帽、正面、上三分身、無背景のもの)
 
運転免許センター及び各支所(古町出張所は除く)で運転免許の取消しと同時に申請する場合(代理人による申請を除く)は、写真は必要ありません。
〇 すでに運転免許証の自主返納をされた方で、その後、運転経歴証明書を申請したいという場合は、住民票の写し、その他住所、氏名及び生年月日を確かめるに足りる書類
  (ただし、氏名変更が必要な方は住民票が必要です。)
 ※ 収入証紙・写真はセンターにおいて準備可能です。
〇 代理人による申請の場合、別途書類が必要になります。
 ※ 詳しくは代理人による申請を確認してください。
3 申請場所及び受付時間は、自主返納(全部取消し)の手続と同じです。
 ただし、運転免許証の自主返納をした日の翌日以降に代理人による交付申請をする場合は、
    運転免許センター及び各支所(古町出張所を除く)
に限ります。
4 運転免許センター及び各支所では即日交付になります。
5 古町出張所及び警察署等で申請すると、後日交付になります。
受取り方法は、申請窓口での交付(要印鑑)又は配達(受取人着払い)による交付方法を選ぶことができます。(※ 粟島浦村への配達はできません。)
6 運転経歴証明書の記載事項変更、再交付及び返納はこちら

問い合わせ先

   
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.