公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
令和2年1月22日(水)午後1時00分〜午後3時10分
2.出席者
山田委員長、阿部委員、鍋谷委員、津野委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
説明補助者
公安委員会事務室長、交通聴聞官、運転免許センターセンター長補佐
3.議題事項
  1. 公安委員会宛て審査請求の受理及び裁決について
      警察本部から、公安委員会宛てに届いた運転免許証交付処分に関する審査請求について報告があり、対応について審議の結果、原案どおり決定した。
  2. 新潟県警察の交番及び駐在所の名称等に関する規則の一部改正について
      警察本部から、「西蒲警察署番屋駐在所と横戸駐在所の統合、上越警察署柿崎幹部交番と米山寺駐在所の統合及び直江津港交番の廃止等に伴い、交番・駐在所等の名称、位置及び所管区域が変更されるため、公安委員会規則の一部を改正したい。」旨の説明があり、審議の結果、原案どおり決定した。

     委員から、「幹部交番と交番の違いは何か。」旨の質問があり、警察本部から、「幹部交番は、警察署の廃止等に伴い、廃止等とした警察署を交番とし、警部を所長として配置した名称で、現在、県内には柿崎幹部交番のほか安塚幹部交番、栃尾幹部交番がある。」旨の説明があった。
  3. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案28件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し27件、停止1件の行政処分を決定した。
4.報告事項
  1. サイバー脅威対策協議会第7回総会の開催について
      警察本部から、「サイバー空間の脅威に対処するため、産学官民が連携してサイバー空間の実態把握と情報共有を推進し、自主的かつ主体的な取組を行い、サイバー空間の安全と安心を確保することを目的として平成25年8月に設立された「サイバー脅威対策協議会」の第7回総会を1月28日、ハミングプラザVIP新潟で開催する。」旨の報告があった。
  2. 広域にわたる連続住居侵入・窃盗事件の捜査終結について
      警察本部から、「本県を始め東北・関東・北陸地方の10県下で発生した連続住居侵入・窃盗事件捜査を本年(令和2年)1月9日までに終結した。」旨の報告があった。
  3. 令和元年(平成31年)中における薬物銃器事犯の検挙実績について
      警察本部から、「令和元年(平成31年)中における全薬物事犯の検挙は158人(前年比3人減)、覚醒剤押収量は30.0グラム(前年比14.7グラム増)、乾燥大麻押収量は8,239.9グラム(前年比7,131.0グラム増)であり、銃器事犯の検挙は、拳銃4丁(前年比2丁増)を押収した。薬物事犯は、大麻事犯の検挙数が覚せい剤事犯の検挙数を上回った。大麻の使用が合法の国もあり依存性は低いとの誤った認識により罪の意識が薄く、若者の間で大麻がまん延している状況がうかがえる。」旨の報告があった。

     委員から、「消えるSNSとは、どのようなものか。」旨の質問があり、警察本部から、「利用者が設定した日時になるとメッセージが消えるアプリである。」旨の説明があった。

     委員から、「覚せい剤事犯の再犯率は7割と非常に高く、若者への広がりも憂慮されるが、再犯防止のためには、関係機関とどのような連携が重要なのか。」旨の質問があり、警察本部から、「薬物依存となった方の依存解放を支援する機関があり、情報交換も行っている。薬物の依存性は、一度手を出すと消えることがなく、ずっと抱えていかなくてはならない。再犯の可能性を低減することしかできないと言われている。」旨の説明があり、委員から、「リスクがあることについて、若者達にしっかりと周知していく必要がある。」旨の発言があった。
  4. 初任科第387期生(長期課程)の卒業式の実施について
      警察本部から、「1月28日、警察学校において初任科第387期生(長期課程)の卒業式を実施する。」旨の報告があった。

     委員から、「初任科を卒業し、警察署に配置された女性警察官には女性警察官の指導員が付くのか。」旨の質問があり、警察本部から、「指導員に性別の指定はなく、男性警察官に女性警察官の指導員が付く場合もある。」旨の説明があった。
  5. 事件の検挙について
      警察本部から、以下の事件について報告があった。
     ○ 税理士法違反事件の検挙
     ○ 新潟市中央区学校町通3番町地内における死体遺棄事件の検挙
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.