公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
令和元年8月7日(水)午後1時00分〜午後2時50分
2.出席者
津野委員長、山田委員、阿部委員、小林委員、鍋谷委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
説明補助者
公安委員会事務室長、監察官室長、監察官室室長補佐、交通聴聞官、運転免許センターセンター長補佐
3.議題事項
  1. 運転免許証交付処分に係る審査請求の審理経過報告及び裁決について
      警察本部から、運転免許証交付処分に係る審査請求について審理経過の報告があり、裁決書案について審議した結果、原案どおり決定した。
  2. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案23件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し23件の行政処分を決定した。
4.報告事項
  1. 令和元年7月末現在の交通事故発生概況等について
      警察本部から、「本年7月末現在の交通事故発生概況等について、発生件数は1,933件(前年同期比140件減)、死者数は46人(前年同期比5人減)、負傷者数は2,243人(前年同期比177人減)であった。8月中はお盆時期の帰省者等による交通事故が発生する傾向にあることから、警戒強化日を指定して死亡事故の抑止に努めたい。」旨の報告があった。

     委員から、「横断歩道のある交差点で車両がしっかり止まるようになったのは、各種広報の成果であると感じる。」旨の発言があった。

     委員から、「夏休みに入り、小中学生に関係する交通事故の傾向に変化は見られるか。」旨の質問があり、警察本部から、「7月末頃から、子どもの命に関わるような重大事故は発生していない。」旨の発言があった。

     委員から、「本日(8月7日)の新聞に掲載されていた「運転中の病死」は、交通事故死にならないのか。」旨の質問があり、警察本部から、「外傷がなく、病院における検査の結果及び医師からの聞き取りにより内因死と判断しており、現段階では交通事故死としていない。」旨の説明があった。
  2. 広域緊急援助隊・緊急災害警備隊等による災害警備訓練の実施について
      警察本部から、「大規模災害等緊急事態発生時における対処能力の向上を図るため、8月22日から8月23日までの間、県機動隊において、広域緊急援助隊等による災害警備訓練を実施する。」旨の報告があった。
  3. 事件の検挙等について
      警察本部から、以下の事件について報告があった。
     ○ 広域詐欺(Tポイントカード等の不正アクセス)事件の捜査終結
     ○ 特殊詐欺未遂事件の検挙
5.その他
  1. 公安委員長退任挨拶について
      委員長から、「本日(8月7日)をもって、公安委員会委員長の任期が満了し、退任する。1年間、大過なく務めることができたのは、皆さまの御協力のおかげであり改めて感謝申し上げる。この1年間を振り返ると、委員長に就任した頃の西日本豪雨災害、北海道胆振東部地震、台風の相次ぐ上陸など、多くの自然災害が発生した。本年(令和元年)6月には、山形県沖を震源とする地震が発生し、新潟県内でも負傷者や家屋の損壊被害が出たことは、記憶に新しいところである。また、東京都池袋や滋賀県大津市における母子や園児が犠牲となる痛ましい交通死亡事故、川崎市における小学校児童らの殺傷事件、大阪府吹田市における警察官襲撃けん銃奪取事件など、全国を震撼させる事件や事故が数多く発生した。こうした情勢の中で、新潟県警察は、G20新潟農業大臣会合及び大阪サミット首脳会合に伴う警備を力強く完遂したが、この後も本県で初開催となる国民文化祭が控えており、引き続き全国的に注目されるものと認識している。委員長就任中、平成から令和という歴史的な変遷もあり非常に良い経験となった。この1年間、警察のチーム力・結束力・絆の強さが正に命綱となっていることを感じた。警察の業務は危険を伴う場面も多いことから、鍛錬に努め、自身の身の安全も確保しながら県民の安全を守っていただければと思う。委員長退任後も、委員として引き続き県警察に対して提言をしていきたい。」旨の挨拶があった。
  2. 長岡祭り花火大会警備について
      警察本部から、「先日、長岡祭り花火大会が行われ、2日間で過去最高の108万人の人出を記録したが、地域部、長岡署を中心に対応し大きな事案の発生もなく警備を完遂した。来年(令和2年)の長岡祭りは東京オリンピック開催期間中であるが、前倒しで開催予定である隅田川花火大会と異なり、例年どおり8月2日及び同月3日に開催される予定である。主催者はオリンピック観戦者も呼び込みたい考えであり、本年(令和元年)以上の人出も予想されることから、しっかりと準備して対応したい。」旨の発言があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.