公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
令和元年6月5日(水)午後1時00分〜午後3時20分
2.出席者
津野委員長、武井委員、山田委員、阿部委員、小林委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
説明補助者
公安委員会事務室長、監察官室長、監察官室室長補佐、許認可管理センター長、けいさつ相談室長代理、交通聴聞官、運転免許センターセンター長補佐
3.議題事項
  1. 公安委員会宛て苦情申出に対する通知について
      公安委員会宛てに届いた警察職員の職務執行に関する苦情申出について、報告を受けた調査結果を基に審議した結果、申出者に対する通知文を決定した。
  2. 運転免許取消処分に係る審査請求の審理経過報告及び裁決について
      警察本部から、運転免許証取消処分に係る審査請求について審理経過の報告があり、裁決書案について審議の結果、原案どおり決定した。
  3. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案28件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し27件、停止1件の行政処分を決定した。
4.報告事項
  1. 公益通報者保護法による「新潟県警察に係る外部通報」の受理について
      警察本部から、県警察において受理した外部通報について報告があった。
  2. 令和元年5月末現在の交通事故発生概況等について
      警察本部から、「5月末現在の交通事故発生概況等について、発生件数は1,425件(前年同期比73件減)、死者数は28人(前年同期比10人減)、負傷者数は1,653人(前年同期比106人減)であった。5月中、県内の高齢者による交通事故死者はなく、これは平成24年1月以来のことである。」旨の報告があった。

     委員から、「5月は良好な状況であったが、主な要因は何か。」旨の質問があり、警察本部から、「年当初から行ってきた横断歩行者の保護等、死亡事故抑止対策の効果が現れている。過去月別では、4月・5月に死者数が高い傾向にあるが、4月の新入学児童の保護対策や5月の春の全国交通安全運動も相乗効果があったのではないか。結果として、高齢者の交通事故死者が0であったことは大きな成果と見ている。」旨の説明があった。

     委員から、「ぜひ、この状況を継続していただきたい。」旨の発言があった。
  3. 「G20大阪サミット」特別派遣部隊出発式の実施について
      警察本部から、「G20大阪サミット警備実施の完遂に向け、特別派遣部隊の士気を向上させるため、6月6日、警察本部において特別派遣部隊出発式を実施する。」旨の報告があった。
  4. 事件の検挙について
      警察本部から、次の事件について報告があった。
     ○ 出資法違反事件の検挙
     ○ 特殊詐欺事件の検挙
5.その他
  1. 新潟駅前交番の移転について
      警察本部から、「現在、新潟駅万代口にある新潟駅前交番は、一般の方にとって非常に分かりにくい場所に設置されている。新潟市が駅前広場の再開発を行っているので、この機会に新潟駅前交番をより一般の方から分かりやすい場所に移転したいと考えている。新潟市に相談したい。」旨の発言があった。

     委員から、「新潟駅前交番は、年末特別警戒の際に督励するが、新潟駅前から奥に位置しており、新潟駅と隣接するビルの渡り廊下の下方にあって分かりにくい。ぜひ改善する方向でお願いしたい。」旨の発言があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.