公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
平成30年12月5日(水)午後1時00分〜午後4時20分
2.出席者
津野委員長、武井委員、山田委員、阿部委員、小林委員
警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
説明補助者
公安委員会事務室長、訟務官、監察官室室長補佐、けいさつ相談室長代理、交通聴聞官、運転免許センターセンター長補佐
3.議題事項
  1. 人事案件について
      警察本部から、「地方警察職員の人事異動について、御意見をいただきたい。」旨の説明があり、意見を述べた。
  2. 運転免許証交付処分に係る審査請求の審理経過報告及び裁決について
      警察本部から、運転免許証交付処分に係る審査請求について審理経過の報告があり、裁決書案について審議の結果、原案どおり決定した。
  3. 社交飲食店営業者に対する行政処分について
      警察本部から「許認可管理センター長を主宰者として、聴聞を実施した社交飲食店営業者について、聴聞結果に基づき行政処分を決定していただきたい。」旨の説明があり、被聴聞者に対する行政処分を決定した。
  4. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案25件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し19件、停止6件の行政処分を決定した。
4.報告事項
  1. 平成30年10月中の警察宛て苦情の受理状況及び措置結果等について
      警察本部から、「本年10月中の警察宛て苦情の受理は7件(前年同月比1件増)であり、そのうち非あり苦情は0件(前年同数)であった。」旨の報告があった。
  2. 2019年度殉職警察職員並びに警察協力殉難者慰霊祭の挙行について
      警察本部から、「2019年5月23日、警察学校において、2019年度の殉職警察職員並びに警察協力殉難者慰霊祭を挙行する。」旨の報告があった。
  3. 銃砲刀剣類の一斉検査の実施について
      警察本部から、「例年、銃砲刀剣類一斉検査は、4月から5月までに実施しているが、来年(2019年)、本県では5月11日、12日において、G20大阪サミットに伴う農業大臣会合が開催されることから、警備の万全を期すため、期間を早め、平成31年2月18日から3月18日までの間に実施する。」旨の報告があった。
  4. 平成30年11月のストーカー規制法に基づく禁止命令の実施について
      警察本部から、「本年11月中、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令を1件実施し、1月から11月までの禁止命令は14件(前年同期比9件増)となった。」旨の報告があった。
  5. 平成30年11月のストーカー規制法に基づく警告の実施について
      警察本部から、「本年11月中、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を1件実施し、1月から11月までの警告は19件(前年同期比29件減)となった。」旨の報告があった。
  6. 平成30年11月末現在の交通事故発生概況等について
      警察本部から、「本年11月末現在の交通事故発生概況等について、発生件数は3,438件(前年同期比439件減)、死者数は91人(前年同期比14人増)、負傷者数は4,055人(前年同期比586人減)であった。」旨の報告があった。
  7. 事件の検挙について
      警察本部から、次の事件について報告があった。
     ○ 風営適正化法違反事件の検挙
     ○ 強要未遂及び不正アクセス禁止法違反事件の検挙
     ○ 関東・北陸ルートによる大麻密売グループの検挙
     ○ 死亡ひき逃げ事件の発生及び検挙
5.その他
  1. 平成30年度新潟県警察柔道剣道大会の開催結果について
      警察本部から、「11月30日、新潟市東総合スポーツセンターにおいて、開催された平成30年度新潟県警察柔道剣道大会の結果については、Aブロックは、柔道、剣道ともに機動隊、Bブロックは、柔道が糸魚川署、剣道が交通機動隊、Cブロックは、柔道が交通部、剣道は江南署がそれぞれ優勝した。」旨の報告があった。
  2. 第15回関東警察駅伝及びロードレース競走大会について
      警察本部から、「明日(12月6日)、さいたま市で第15回関東警察駅伝及びロードレース競走大会が開催されるため、本県からも選手が出場する。」旨の報告があった。

     委員から、「是非、本県選手には頑張っていただきたい。」旨の発言があった。
  3. 全国公安委員会連絡会議の開催結果について
      委員から、「11月26日、全国公安委員会連絡会議が開催され、公安委員3人で出席した。」旨の報告があった。
  4. 三条警察署協議会出席結果について
      委員から、「11月27日、三条警察署協議会に公安委員会を代表して出席した。会議冒頭、協議会会長から、警察署協議会代表者会議で放映された「航空隊の救助活動」の映像に感銘を受けたことや、配布された各署協議会活動状況の資料を今後の協議会活動の参考にしたいなどと紹介され、非常に有り難く感じた。印象深かった2点を紹介したい。1点目は、協議会委員のバランスの良さである。三条署協議会委員は11人構成であるが、各界からバランス良く人選されているからこそ、非常に効果的な協議会になるのだと感じた。一例として、これから降雪時期を迎え、除雪作業が始まることに伴い、子供たちの安全をどのように確保するかという点で、教育委員会関係の委員から、「是非、警察の方も私たちと一緒に計画の段階から連携しましょう。」と提案されるなど、その場で具体的な話が進む状況を目の当たりにした。このように、各界から幅広く人選された委員による協議会だからこそ、特殊詐欺被害防止や交通事故防止などにしても、その場で警察との具体的な連携策が決まるのだと感じた。2点目は、協議会開催前に、事前に委員から質問事項を伺う制度を採用していることである。これは、事前に委員から質問事項を伺い、協議会当日、集約した質問をワンペーパーにして配布するというものである。この方法は、委員、警察署の双方にとって非常に効率的であり、結果として実のある協議会を運営することができるため、是非、ほかの協議会にも紹介していきたいと感じた。また、第二部の女性職員との意見交換会に陪席し、委員からは、ハラスメントへの取組状況やストレス発散の方法、警察官志望の動機などの質問があり、若い職員からベテランの職員まで、緊張した面持ちではあったが、質問に対して、はきはきと答えており、非常に頼もしく感じた。」旨の報告があった。
  5. 計画的な業務推進について
      警察本部から、「本年中にやらなくてはいけない業務を洗い出し、やるべき業務は、業務管理をしっかり行った上で、計画的に遂行するようにしたい。特に、交通死亡事故抑止については、しっかり対策を講じて計画的な業務推進を実施していきたい。」旨の発言があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.