公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
平成30年4月25日(水)午後1時00分〜午後3時15分
2.出席者
小林委員長、津野委員、武井委員、山田委員、阿部委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、組織犯罪対策第一課薬物銃器対策室長、通信庶務課長
3.議題事項
  1. 運転免許取消処分に係る審査請求の審理経過報告及び裁決について
      警察本部から、平成29年7月24日に提起された運転免許取消処分に係る審査請求について審理経過の報告があり、裁決書案について審議の結果、原案どおり決定した。
  2. 運転免許証交付処分に係る審査請求の審理経過報告及び裁決について
      警察本部から、平成29年7月31日に提起された運転免許証交付処分に係る審査請求について審理経過の報告があり、裁決書案について審議の結果、原案どおり決定した。
  3. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案22件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し22件の行政処分を決定した。
  4. 交通規制の実施について
      警察本部から、「交通規制の見直しに伴い、信号機の廃止について合計13件の交通規制を行うこととしたい。」旨の説明があり、審議の結果、原案どおり決定した。

     委員から、「一灯式信号機を廃止予定であるが、一灯式信号機は見えにくいのか。」旨の質問があり、警察本部から、「一灯式信号機は、「止まれ」の標識や停止線の代わりとして設置されたものであるが、比較的高い位置に設置され、また、小さな形状であることから、交通事故も数件発生しており、交通事故防止の効果としてはやや低い面がある。一灯式信号機を設置した当時は、まだ視認性の優れた交通標識が製造されていなかったが、現在では、明るく目立つ一時停止の標識や路面標示に改良されてきたことから、順次一灯式信号機の廃止を行っていきたい。」旨の説明があった。

     委員から、「交通規制の見直しに伴う信号機の廃止については、地域住民の了解を得ていると思うが、了解を得にくかった箇所はあるのか。」旨の質問があり、警察本部から、「今回の箇所は、交通事故が多く発生していたこともあり、比較的容易に了解を得ることができた。しかし、中には、今設置されている一灯式信号機等の撤去に難色を示す地域もあるが、代替の交通安全対策を提示し、地域住民の理解を得ている。」旨の説明があった。

     委員から、「現在、設置している信号機をなくすことには抵抗があると思うので、地域住民には丁寧な説明に心掛けていただきたい。」旨の発言があった。
4.報告事項
  1. 平成30年3月中の警察宛て苦情の受理状況及び措置結果等について
      警察本部から、「本年3月中の警察宛て苦情の受理は、2件(前年同月同数)であり、そのうち、非あり苦情は0件(前年同月同数)であった。また、調査中であった1件については、調査の結果、非なしであった。」旨の報告があった。
  2. 平成30年3月中のけいさつ相談受理状況について
      警務部長から、「本年3月中の警察宛て相談の受理は5,566件(前年同月比610件増)であり、(「架空請求はがき」に対する相談が増えている。)そのうち重要相談は、618件(前年同月比7件減)であった。」旨の報告があった。
  3. 平成30年3月中の感謝・激励受理状況について
      警察本部から、「本年3月中の警察宛て感謝・激励の受理は、47件(前年同月比7件増)であった。」旨の報告があった。

     委員から、「街頭指導に対する感謝事例であるが、新潟県の駐在所員はどこでも街頭指導を行っていると思う。この方だけではなく、他の駐在所員も一生懸命やってくれている。私が駐在所を視察した際も、登下校時に街頭に立っているという報告を受けている。褒められることはとても良いことだと思うが、この方だけではないということは共通認識かと思う。」旨の発言があった。
  4. 平成29年度第4四半期(1月〜3月)の監察実施結果について
      警察本部から、「平成30年1月から3月までの間、新潟県警察の監察に関する訓令に基づく総合監察を9警察署、随時監察を警察署、本部執行隊、交番及び駐在所の計43か所に対して実施した。」旨の報告があった。
  5. 平成30年1月から3月の公安条例許可状況について
      警察本部から、「本年1月から3月の公安条例の許可件数は、251件であった。」旨の報告があった。
  6. 事件の検挙について
      警察本部から、次の事件について報告があった。
     ○ 風営適正化法違反事件の検挙
     ○ 特殊詐欺事件等の検挙
5.その他
  1. 平成30年春の勲章伝達式と拝謁について
      警察本部から、「5月9日、グランドアーク半蔵門において勲章伝達式を、皇居において拝謁を実施する。今回、勲章を受章する方は、本県元警察官2人(瑞宝小綬章)と、元新潟県公安委員長1人(旭日双光章)である。」旨の報告があった。
  2. 県知事選挙について
      警察本部から、「報道のとおり、今週金曜日(4月27日)に臨時県議会が開催され、県知事選挙は、5月24日告示、6月10日投開票の予定である。今週月曜日(4月23日)に事前運動取締本部を設置し、投開票の1か月前に、本部長とする違反取締本部を設置することとしている。」旨の発言があった。
  3. 関東管区警察局長初度巡視について
      警察本部から、「4月23日に関東管区警察局長の初度巡視があった。警察本部で概況説明を行った後、警備部長と原発の警備状況等を確認した。関東管区警察局長からは、現在の警戒・警備を継続してほしいと要望があった。」旨の報告があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.