公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
平成29年12月13日(水)午後1時00分〜午後4時10分
2.出席者
小林委員長、津野委員、武井委員、山田委員、阿部委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
3.議題事項
  1. 社交飲食店営業者に対する行政処分について
      警察本部から、「社交飲食店を営む経営者2人について、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反に伴い、許認可管理センター長を主宰者として12月6日に実施した聴聞結果に基づき、行政処分を決定していただきたい。」旨の説明があり、被聴聞者に対する行政処分について審議した結果、それぞれ行政処分を決定した。
  2. 長岡駅前地区における風俗環境保全協議会の設置と同委員の委嘱について
      警察本部から、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第38条の4に規定された風俗環境保全協議会を長岡駅前地区に設置することとし、長岡市飲食業組合連合会会長、地元町内会長、少年指導委員等計14人を委嘱することとしたい。」旨の報告があり、審議の結果、原案どおり決定した。
  3. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案16件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し16件の行政処分を決定した。
4.報告事項
  1. ストーカー・DV事案対策の概況について(平成29年11月末)
      警察本部から、「平成29年11月末のストーカー事案の認知件数は591件(前年同期比144件増)、事件検挙はストーカー規制法違反32件(前年同期比17件増)、刑法犯等の検挙37件(前年同期比22件増)であった。また、DV事案の認知件数は1,215件(前年同期比168件増)、保護命令違反の検挙は1件(前年同期比7件減)、刑法犯等の検挙は171件(前年同期比6件減)であった。」旨の報告があった。
  2. 主な神社仏閣における二年参り・初詣の雑踏警備の実施について
      警察本部から、「12月31日(日)から来年1月3日(水)までの間、彌彦神社等県内の神社仏閣において、二年参り・初詣の雑踏警備を実施する。」旨の報告があった。
  3. 平成30年「110番の日」における広報の実施について
      警察本部から、「「110番の日」に係る効果的な広報活動を展開することにより、110番通報に関する理解と協力を確保するとともに、不要・不急の110番通報を排除し、110番制度の適切な運用に資することを目的として、平成30年1月10日(水)の「110番の日」前後に、警察本部及び県下各署において各種広報活動を実施する。」旨の報告があった。

      委員から、「110番の適切な利用を周知徹底する必要がある。高齢者にも広報が行きわたるよう工夫してほしい。」旨の発言があった。
  4. 平成29年11月末現在の犯罪情勢について
      警察本部から、「本年11月末現在の犯罪情勢は、全刑法犯の認知件数が1万1,664件(前年同期比1,418件減)、検挙件数が5,779件(前年同期比105件減)、検挙人員が3,473人(前年同期比56人減)、検挙率が49.5%(前年同期比4.5ポイント増)であった。また、ストーカー事案の認知件数は591件(前年同期比144件増)、DV事案の認知件数は1,215件(前年同期比168件増)であり、特殊詐欺の認知件数は188件(前年同期比29件増)、被害額は5億2,461万円(前年同期比9,520万円増)であった。」旨の報告があった。

      委員から、「だましの手口として、メールやはがきが多いようであるが、これらの相談を端緒に検挙することはできないものなのか。」旨の質問があり、警察本部から、「他県の検挙状況も参考にしながら検挙に向けて取り組んでいきたい。」旨の説明があり、委員から、「検挙することが抑止につながると考えられるので、尽力していただきたい。」旨の発言があった。
  5. サイバー攻撃対策セミナーの開催について
      警察本部から、「サイバーセキュリティに関する知見の向上と、サイバー攻撃による被害の未然防止、官民連携した対処能力の更なる向上を図ることを目的として、12月15日(金)、警察本部において、サイバー攻撃対策セミナーを開催する。」旨の報告があった。
5.その他
  1. 新潟南警察署大鷲駐在所及び新潟南警察署協議会出席結果について
      委員から、「12月8日、新潟南警察署協議会に公安委員会を代表して出席した。会議に先立ち、大鷲駐在所を視察した。ベテランの勤務員が単独で勤務する駐在所で、ミニパトが未配備のため不便とのことであったが、来春配置が決まったようである。公休日でも立番をするなど地域住民との良好な関係を築いている様子が見て取れた。次に署協議会であるが、治安が良いせいか署の取組状況についての質疑はなく、ミニパトが増車された理由について質問があった。」旨の報告があった。
  2. 知事との意見交換会の結果について
      委員から、知事との意見交換会の概要について報告があった。
  3. 治安情勢について
      警察本部から、「木造船や遺体の漂着事案が続いているが、パトロールや広報を強化してしっかりと対応していきたい。また、現在、冬の交通事故防止運動中であるが、今日現在で前年同期比16人減となっている。見せる活動を積極的に行い、一人でも減らすことができるようしっかりと取り組みたい。」旨の発言があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.