広報重点

TOP > 広報重点

生活経済事犯被害の未然防止対策の推進 【生活安全部生活保安課】



高齢者を狙う悪質商法。その電話、危ないぞ!!


 高齢者を狙った利殖勧誘詐欺や訪問販売の被害や相談が増えています。悪質業者は高齢者に対し、あの手この手の巧みな手口で、大切な財産を狙っています。被害に遭わないためには、不審な電話は「必要ありません」、「お断りします」とキッパリ断りましょう。
 また、すぐに契約したり一人で決めないで、必ず家族等に相談しましょう。




 高齢者を狙う代表的な悪質商法の手口  
 


  

 利殖勧誘商法 
   パンフレット等が郵送され、投資勧誘の電話がかかってきます。「値上がりする。」「必ず儲かる。」「あなただけに特別な情報です。」等といった儲け話をうたい文句に、未公開株・社債・外国通貨の購入やファンドへの出資等の投資を勧める利殖勧誘詐欺。
 主な手口として
   劇場型〜勧誘した業者とは別の業者が「高値で買い取る。」と勧める等、複数の業者が登場し組織的に契約をするよう仕向けるケース
 
   被害回復型〜過去に投資などで被害に遭った人に「被害を回復する。」と勧誘し、その条件として更なる投資を持ちかけたり手数料などを騙し取るケース
 
   代理購入型〜「パンフレットが郵送された人しか買えない。代わりに買ってもらえば高値で買い戻すし、謝礼も払う。」等と勧誘し、騙し取るケース
 
   その他〜水資源の権利・CO2排出権・自然エネルギー・外国の土地の地上権など社会情勢に応じた投資話で契約を勧誘するケース 
  等があり、こんな勧誘があったら詐欺の可能性が大です。
 次々販売 
   無料点検などと言って各家庭を訪問し、不必要な商品や工事等を契約をさせられる商法。例えば、布団や浄水器の販売や住宅リフォーム等1回で終わらず、次々に契約をさせられるケースが多い。 


 高齢者を狙う代表的な悪質商法の手口 
 


○   キッパリ断る 
   見知らぬ業者の話を聞くことは、相手にだます機会を与えることになります。
 必要がなければ、相手の話は聞かずに「必要ありません」等とキッパリ断りましょう。
 怪しい誘いの電話は、ハッキリ断ってすぐに切りましょう。 
○   よく考えて 
   電話勧誘による儲け話は、「詐欺」の可能性が大です。このような勧誘を受けた人は、要注意。その場ですぐに契約しないで、もう一度よく考えましょう。
○   相談して! 家族の絆で撃退 
   自分だけは大丈夫と思わないで、一人で決めずに、必ず家族や身近な人に相談をしましょう。決して遅くはありません。 
 

 「困ったな」
と思ったら、警察署又は下記のけいさつ相談室に相談してください! 


相談先  新潟県警察本部けいさつ相談室
電話025−283−9110 


▲上に戻る

    

自転車の安全利用の促進 【交通部交通企画課】

    


▲上に戻る

〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Department,All right reserved.