安全・安心

TOP > 組織犯罪対策 > 不当要求防止責任者講習

不当要求防止責任者講習

 
    新潟県公安委員会からの委託を受けた(公財)新潟県暴力追放運動推進センターが、「責任者選任届出書」により届出をした事業所の責任者の方を対象に、 暴力団等からの被害を防止するための対応要領等について、無料で講習を行っています。
  受講された責任者の方には、「受講修了書」を交付しています。
 

 責任者とは
   責任者については、暴力団対策法第14条第1項に「当該事業に係る業務の実施を統括管理する者であって、不当要求による事業者及び使用人等の被害を防止するために必要な業務を行う者をいう」と定義されています。
 実際にどのような役職の方を責任者に選任するかについてですが、暴力団員等から不当要求があった場合は
  ● 組織としての対応
  ● 組織のトップには対応させない
  ● 相手と対応する社員や従業員を守る 
ことを念頭に置き対応しなければなりません。 
 ですから、
   責任者講習の受講内容を活用し不当要求に対する体制作りなどを手掛けることができるなど、
   企業(事業所)内で重要な地位にあり
 かつ、
   窓口や対応部署からトラブル処理情報が集約される立場にあるなどの現場の事情に通じている方
 を責任者として選任することが望ましいです。
 例えば、
  ● 一般の会社であれば、総務部(課)長
  ● 飲食店やパチンコ店などであれば、店長
  ● ゴルフ場やホテルなどであれば、支配人 
 などです。

 責任者選任から講習受講までの流れ
@  事業所ごとに不当要求の対応責任者を選任し、「責任者選任届出書」を最寄り警察署の刑事課暴力団対策担当係に提出してください。
A 届出受理後、新潟県公安委員会が講習予定日の約1ヶ月前に、往復はがきで講習開催通知を発送します。
B 講習開催通知の、出欠のチェックをつけた部分を切り取ってはがきをご返送ください。 
C 講習に出席する方は、受付の際に確認しますので、切り取ったはがきを持参のうえ、会場までお越し下さい。  

様式はこちらからダウンロードして下さい

 責任者選任届出書       

責任者選任届出書の記載方法はこちらです

責任者選任届出書記載方法

 講習の日程はこちらで確認できます
 新潟県暴力追放運動推進センターHPへリンク


 講習内容

・ 最近の暴力団情勢      

・ 不当要求に対する具体的対応要領

・ DVD視聴      

講習会の開催模様


 よくある質問

【責任者を変更しているケース】

Q 以前の責任者宛に講習開催通知が届きましたが、どうしたらいいですか?
 講習開催通知の返信部分に、新しく選任された責任者の氏名を朱書きしてご返送ください。
 同時に、「責任者選任届出書」を最寄りの警察署に提出してくだい。後任者の方はそのまま講習を受講することができます。
【講習期日を変更するケース】 
Q 講習開催通知をもらいましたが、その日の講習が受けられない場合は、どうしたらいいですか?
   講習会場を変更することができます。
 新潟県暴力追放運動推進センターのホームページに講習日程が掲載されていますので、出席を希望する会場の開催期日、会場を記載してご返送ください。
 欠席される方は、欠席欄にチェックをつけご返送ください。次年度に再度案内通知を発送します。

【1人の方が複数支店の責任者となるケース】

Q 私は、甲社A支店長で、B支店及びC支店の支店長を兼務しているが、
この場合、私1人の名前でA・B・C支店の責任者として届出してもいいですか?
        

  1人の方が複数支店の責任者を兼務する形が禁止されている訳ではありせんが、
 平素からの対応要領準備及び実際に不当要求があった際の指揮・対応をスムーズに行うためにも、できる限り、1支店(1事業所)ごとに1人以上の責任者を選任していただくようお願いします。

 その他講習に関するお問合せ先

新潟県警察本部刑事部組織犯罪対策第二課

п@025−285−0110(代表)



〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.