お知らせ

TOP > お知らせ > 新潟県留置施設視察委員会の活動状況について

平成28年度における新潟県留置施設視察委員会の活動状況等について

 平成29年6月
 新潟県警察本部

1 委員会設置の経緯

  平成19年6月1日に施行された刑事収容施設(刑事施設、留置施設及び海上保安留置施設をいう。)の適正な管理運営を図ることなどを目的とした「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、新潟県留置施設視察委員会条例が制定され、新潟県警察本部に、新潟県留置施設視察委員会(以下「委員会」という。)が設置されました。
  これは、留置施設の運営について透明性を高め、被留置者の適正な処遇を確保するため、留置施設を視察し、その運営に関して意見を述べる警察部外の第三者機関として設置されたものです。

2 委員会の組織

 (1) 組織
       委員会は、5人の委員で構成され、新潟県公安委員会が任命します。

 (2) 任期
       委員の任期は1年(6月1日から翌年5月31日まで)で3回に限り再任することができます。
 (3) 職務
  委員会は、留置施設の視察、被留置者との面接、被留置者から提出された意見・提案書の確認、留置業務管理者(警察署長)から提供される情報などにより、留置施設の運営状況を把握し、留置業務管理者に対して運営に関する意見を述べます。

3 平成28年度の活動状況

 (1) 会議の開催
       会議は次表のとおり3回開催されました。

 (2) 視察活動
       県内の30警察署のうち、留置施設を常設している17警察署に対し、5人の委員が、それぞれ3〜4警察署の視察を行いました。
 (3) 被留置者との面接
       視察時に、被留置者15人と面接を行い、意見や要望を聴取しました。

4 委員会からの意見に対して講じた措置等

    留置施設の運営に関する委員会の意見に対して、留置業務管理者が講じた措置等については、別紙のとおりです。

別紙.意見及び講じた措置等  ※ PDF形式はこちら ≫≫ (別紙275KB)


 ● 良好とする意見

 ・ 被留置者の処遇について(12警察署)
意見  被留置者の処遇状況がきめ細かく記録され、個人ごとに整理されており、それにより適正な処遇が行われていました。 など


 ・ 留置施設の衛生管理について(10警察署)
意見  シーツや枕カバーを定期的に交換している他、被留置者の布団が重ならないよう収容庫内棚を設置するなど、衛生面に配意していました。 など


 ・ 官本について(4警察署)
意見  比較的新しい官本や多くの種類の官本が備え付けられているなど、被留置者の人権への配慮がなされていました。 など


 ・ 被留置者の投薬管理について(6警察署)
意見  処方薬は被留置者ごとに個別保管され、常備薬も期限切れ等なく、適正に管理されていました。 など


 ・ 給食の管理について(3警察署)
意見  食事の栄養バランスが適切で丁寧な考察がなされている、管理栄養士の報告書を業者へ意識付けとしているなど給食が適正に管理されていました。


 ・ 備品のペンについて(2警察署)
意見  備品のペンについては、芯先が細いので、被疑者ノートの記載に支障がなく良好でした。


 ● 改善を要する意見と講じた措置 

 ・ 備品のペンについて(1警察署)
意見  筆記具が太いサインペンで、被疑者ノートの記載に支障があるので、細いペンの導入を検討していただきたい。
措置  すでに芯先の細いペンを導入済です。


 ・ 官本の増加について(1警察署)
意見  官本の数が50冊と他署と比較すると少ないので、増やすことを検討していただきたい。
措置  多くの種類の官本を増やし、現在170冊と十分な数となっています。


 ・ 給食の野菜不足の解消について(2警察署)
意見  朝食が食パンであること、野菜が不足していることが懸念された。業者の変更を含めて改善を検討願いたい。 など
措置  業者に対し野菜不足を指導した結果、視察直前の検査で86グラムであったところ、視察後の検査では128グラムと改善されました。朝食を食パン以外の物にできないか引き続き検討中です。  (他1署も同様です)


 ・ 給食に関する工夫について(1警察署)
意見  タンパク質を補うためにチーズを支給していますが、毎日では飽きると思われますので、魚肉ソーセージの提供も業者に依頼していてだきたい。
措置  チーズの追加については、業者の相当の努力により実現したものです。
 昨年9月及び本年1月魚肉ソーセージの提供を要望しているところですが、「現単価では困難」との回答であり、引き続き改善に向けて交渉します。


 ・ 朝食の飲み物の野菜ジュースへの変更について(1警察署)
意見  給食を近所の食堂に委託せざるを得ない状況であり、全体的にボリュームがある割に野菜の量が少ないので、朝食についている飲み物を野菜ジュースに変更するなどの工夫をしていただきたい。
措置  業者に申し入れを行った結果、快諾を得て、毎日野菜ジュース(時には青汁)が提供されるようになりました。


 ● 各委員の総合意見 

 A委員
意見  限られた留置施設内のスペースを工夫して使用しており、整理・整頓の状況も良好でした。

 B委員
意見  留置担当官との面接において、人権に配慮して従事している様子が窺われるとともに、執務環境も良好との印象を受けました。

 C委員
意見  多くの被留置者を抱えながらも、人権に配慮して、適切に処遇していることがわかりました。

 D委員
意見  留置担当官との面接において、仕事に対する誠実な態度や話の内容にベテランの持つ余裕と自信を感じさせられました。

 E委員
意見  過去に留置した性同一性障害を抱える被留置者の処遇について、多くの困難が伴ったようですが、署長の指揮により的確に対応していると感じました。

▲上に戻る
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.