安全・安心

TOP > 交通安全 > 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
 

これまで刑法に規定されていた危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪を刑法から削除し、新たに自動車運転中の死傷事故に係る刑罰を規定した新法が平成26520日に施行され、悪質運転による死傷事故を起こした運転者に対する罰則が強化されました。

 
 
 
 危険運転致死傷罪の新たな適用要件として、「政令で定める通行禁止道路を重大な交通の危険を生じさせる速度で運転が加えられました。
 
 
 アルコール又は薬物及び政令で定める病気の影響により、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転して起こした死傷事故にも危険運転致死傷罪が適用されます。
 
 
 アルコールや薬物の影響で起こした死傷事故後に、アルコール等の影響の有無又は程度が発覚することを免れるべき行為を処罰する過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪が新設されました。
 
 
 新法の罪を犯した者が無免許運転であった場合には、それぞれ刑が加重されます。
 
 
 
 
 
 
 

 罪名

適用要件等

 罰則
 危険運転
致死傷罪

 

第2条

 以下の運転を行い、人を死傷させる行為

1 アルコール又は薬物の影響により、正常な運転が困難な
 状態で走行
2 進行を制御することが困難な高速度で走行
3 進行を制御する技能を有しないで走行
4 危険な割り込み、幅寄せなど通行妨害目的で、重大な交
通の危険を生じさせる速度で運転
5 赤信号などをことさらに無視し、重大な交通の危険を生じ
させる速度で運転
6 政令で定める通行禁止道路を進行し、重大な交通
 危険を生じさせる速度で運転

 

  致死

  1年以上の有期懲役

  致傷

  15年以下の懲役

 
 

第3条第1項

 アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転し、そのアルコール等の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させる行為

第3条第2項

 自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転し、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させる行為


  致死

  15年以下の懲役

  致傷

  12年以下の懲役

 

 過失運転致死傷
アルコール等

影響発覚免脱罪

 

第4条

 アルコール又は薬物の影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で運転し、人を死傷し、その後アルコール等の影響の有無又は程度が発覚することを免れる行為をしたとき


  
12年以下の懲役


過失運転
致死傷罪

 

第5条

 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させる行為


  

  7年以下の懲役若しく
  は禁錮又は
100万円
  以下の罰金



   赤字及び赤枠は新設規定

〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.