公安委員会定例会議の開催状況

1.開催日
平成29年7月12日(水)午後1時30分〜午後4時00分
2.出席者
阿部委員長、小林委員、津野委員、武井委員、小熊委員
本部長、警務部長、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、警察学校長、首席監察官、情報通信部長、組織犯罪対策本部長
3.議題事項
  1. 人事案件について
      警察本部から、「地方警察職員の人事異動について、御意見を頂きたい。」旨の説明があり、意見を述べた。
  2. 公安委員会宛て苦情申出に対する通知について
      4月24日、公安委員会に届いた警察職員の職務執行に関する苦情申出について、7月5日に報告を受けた調査結果を基に、申出者に対する通知文を決定したい。
  3. 警察職員等の援助要求に対する同意について
      警察本部から、「山形県公安委員会から本県公安委員会に対し、警察法第60条第1項の規定に基づく警察職員等の援助要求があったので、同意していただきたい。」旨の説明があり、審議の結果、原案どおり決定した。
  4. 運転免許関係の意見聴取等について
      警察本部から、運転免許取消対象事案20件について、事案の内容、意見聴取等の結果説明があり、審議の結果、取消し18件、停止2件の行政処分を決定した。

 

4.報告事項
  1. 職員の法令違反等に関する報告について
      警察本部から、職員の法令違反等に関する報告があった。
  2. 平成29年度第1四半期の監察実施結果について
      警察本部から、「本年4月から6月までの間、新潟県警察の監察に関する訓令に基づく総合監察を10警察署、随時監察を警察署、本部執行隊、交番及び駐在所の合計69か所に対して実施した。」旨の報告があった。
  3. 平成29年度新潟県警察通信指令・無線通話技能競技会の実施について
      警察本部から、「第一線警察の通信指令・無線通話技能及び若手警察官の現場対応能力の向上を図ることを目的として、7月21日(金)、警察学校において実施する。本件競技会については、平成29年度全国競技会の出場選手の選考を兼ねている。本県は27年度、28年度ともに中規模県39チームで構成される第2グループにおいて優勝を収めており、今年度は3連覇を目指している。」旨の報告があった。
  4. 「交通死亡事故多発警報」発令に伴う交通死亡事故シャットアウト緊急対策の実施について
      警察本部から、「県内において、7月6日から7月10日までの5日間に交通死亡事故が6件発生し、7月11日、県知事による本年初となる「交通死亡事故多発警報」が発令された。同多発警報発令に伴い、県警察においては、県下一斉の「交通死亡事故シャットアウト緊急対策」を実施し、交通死亡事故の抑止に努める。」旨の報告があった。

     委員から、「交通死亡事故多発警報の発令は例年何回くらいあるのか。また、この時期の発令は珍しいのではないか。」旨の質問があり、警察本部から、「交通死亡事故多発警報の発令が制定された平成24年以降、年に二、三回出されている。7月の発令は平成27年にあるが、その年はこの1回のみの発令であった。」旨の回答があり、委員から、「依然として高齢者が関与する交通事故が多いが、今後高齢化も加速していくので、しっかりと対策を推進していただきたい。」旨の発言があった。
  5. 「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令」の制定及び施行について
      警察本部から、「訪日外国人の増加や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催を踏まえ、国民と訪日外国人の双方にとって分かりやすい道路標識を整備することを目的に、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令」が制定され、7月1日から施行された。改正内容は、一時停止等の規制標識に英語を併記するもので、新設又は更新の機会に整備していくこととしている。」旨の報告があった。

     委員から、「道路標示も変更するのか。」旨の質問があり、警察本部から、「道路標識のみ変更する。」旨の回答があった。
  6. 事件の検挙について
      警察本部から、次の事件について報告があった。
     ○ 児童買春・児童ポルノ禁止法違反事件の検挙
     ○ 貸金業法違反事件の検挙
     ○ 特殊詐欺事件の検挙
     ○ 中小企業創業資金名下の詐欺事件の検挙
5.その他
  1. 全国公安委員会連絡会議(代表者会議)の結果について
      委員から、「7月10日、全国公安委員会連絡会議(代表者会議)が開催された。松本国家公安委員長から、被災地における安全安心の確保の取組、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたテロ対策の強化、刑事訴訟法等改正法の成立による適正捜査の確保と適切な運用、志のある優秀な人材を得るための取組やいきいきと職務に精励できるような組織作り等を推進するため、公安委員として引き続き指導をお願いしたい旨の挨拶があった。次いで坂口警察庁長官の挨拶、有識者による講演、自由討議を実施した。」旨の報告があった。
  2. 退任の挨拶
      7月16日に任期満了となる小熊委員から退任の挨拶があった。
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県公安委員会 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Public Safety Commission,All right reserved.