安全・安心

TOP > 地域安全情報 > 新潟県警察本部サイバー犯罪対策課 > コンピュータウィルスの脅威

新潟県警察本部サイバー犯罪対策課

コンピュータウィルスの脅威

 インター ネットを利用するうえで、コンピュータウィルスを含むマルウェア(悪意のあるソフトウェアの総称)の危険性は、決して他人事ではありません。ネットワークサービスの多様化に伴い、ウィルスは実にさまざまな経路を利用してコンピュータへの侵入を謀ろうとしています。セキュリティ対策を施さないコンピュータでのウィルスの感染・発症は、一般の利用者には全く感知できないことが多く、知らぬ間に被害を拡大させないよう十分なセキュリティ対策を行って下さい。
 
● コンピュータウィルスとは
 コンピュータウィルスとは広義には「不正なプログラム」全般を指して呼ばれることが一般的であり、嫌がらせ、個人情報収集、不正アクセス、自己顕示欲などの目的から、コンピュータの利用者が意図しない不正な動作を行わせるプログラムを言います。コンピュータウィルスは
 ・ 正規のプログラムに感染するウィルス(狭義のウィルス)
 ・ ワーム
 ・ トロイの木馬
 ・ ボットウィルス
等に分類され、発症すればいずれもコンピュータやネットワークに甚大な被害を及ぼす他、個人情報(メールやネットバンキングのパスワード等)を盗み取られるといった危険性を持っています。さらにコンピュータウィルスの多くは、ネットワークやメディアを通じて、自身のコピーを他のコンピュータに侵入させ、感染を拡大するという特徴があります。

● ウィルスに感染すると・・・
 ウィルスに感染することによって引き起こされる症状はさまざまですが、代表的なものとして
 ・ パソコンが起動しなくなる
 ・ ファイルが消されたり改ざんされる
 ・ ウィルス対策ソフトが起動しなくなる
 ・ 迷惑メールを大量送信する
 ・ 他のウィルスを自動的にダウンロードする
 ・ 特定のサイトに対して攻撃を繰り返す
 ・ 保存されている個人情報をネットに流出させる
 ・ 悪意のある第三者からコンピュータが遠隔操作される
といった症状が発生することがあります。

● 感染経路
 ウィルスはさまざまな経路から感染します。そして感染したコンピュータが新たな感染源となり、次々と別のコンピュータへ感染していきます。
ウィルスの感染経路
ウィルスの感染経路
1 インターネットからの感染
 ・ サイトの閲覧(ページ内に埋め込まれたスクリプトの自動実行によるもの)
 ・ ファイルのダウンロード
 ・ メールのプレビュー
 ・ 添付ファイルのダウンロード・実行
 ・ セキュリティホールを狙ったウィルスの自動送信
 ・ その他の未知の方法
2 ネットワークからの感染
 家庭内・社内のネットワーク(LAN)内にあるウィルスに感染したコンピュータからの感染
3 ファイル共有ソフト等からの感染
 ファイル共有ソフトによってダウンロードしたファイルから感染
4 CD・USBメモリ等からの感染
 ウィルスに感染したCD、 USBメモリ、携帯電話のSDメモリ等を通じて感染
 
● スパイウェアとキーロガー
 コンピュータウィルスの他にも「スパイウェア」「キーロガー」と呼ばれるソフトウェアがあり、これらもコンピュータにインストールされると、保存された個人情報やID・パスワードの入力情報を外部に自動的に送信する等、不正な動作をする場合があります。スパイウェアやキーロガーも、セキュリティ対策ソフトによって発見・削除することができます。(対応状況については、お使いのセキュリティ対策ソフトのサポート情報をご確認下さい)
 コンピュータウィルスは次々と新種・亜種が作り出されています。セキュリティ対策ソフトの有効期限は切れていませんか?パターンファイルは常に最新の状態になっていますか?セキュリティホールの対策は済んでいますか?お使いのコンピュータの状態をもう1度よくご確認下さい。
 セキュリティ対策のページはこちらから
〒950-8553 新潟市中央区新光町4-1 新潟県警察本部 代表025-285-0110
Copyright(c) Niigata Prefectural Police Headquarters,All right reserved.